h18-1-15 換気等

問15 一般作業環境における換気等に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

(1)人間の呼気の成分は、酸素約18%、二酸化炭素約0.1%である。
(2)必要換気量は、普通、二酸化炭素濃度を基準として算出する。
(3)必要換気量は、そこで働く人の労働の強度によって変化することはない。
(4)必要換気量が同じであれば、気積が小さいほど換気回数は少なくてよい。
(5)換気回数が多ければ多いほど、室内の環境状態は良好となる。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック